ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月11日、午後3時にはじめて放射線科に行きました。

場所は州立?国立?市立?わかりませんが、国のお金で運営している病院です。

ガンセンターです。
12.jpg



公立なので、ただです。ということは、人が多いということです。

たぶん、ベレンでここしかないと思います。ベレン市の人で、放射線を受ける人が全員ここへ来るということです。

3時に予約?(電話をしてこの時間にきてくださいと言われましたして、行きました。

2時半過ぎに到着。

すると、抗がん剤を受けている仲間にあいました。(乳がんの人2人)

1人は私より先に治療が進んでいる人で、もう、放射線治療をしています。
もう一人は私と同じ、これから受ける人です。

受け付けを済ませ、呼ばれるまで待ちます。

っていうか、まだ、先生きていません・・。

3時半ぐらいに、病院に先生が到着!

知り合いは1時に来て5番目だそうです。

いつ呼ばれるんだろうと思ったら、初めてなのかすぐ呼ばれました。
(横入りみたいで気まずかったけど・・。)

写真は撮れませんでしたが、すごく狭い診察室…。2畳ぐらいです。

で、違うところに行ってくださいと言われて、そこへ行ったけど

「今日は先生お休みです」って・・・・・。

で、結局あした(次の日)の8時に行くことになりました。

家が近いからいいけど、遠かったらおこっています!!!

で、驚いたこと、放射線を受けている人に「どんな感じ?」と聞いたら、

放射線はすぐ終わるし、痛くないよ。とのこと。

で、放射線を当てる時に印をつけます。その印が痛かったといったので、

見せてもらいました。そのしるし、消えないそうです・・・・。

えっ!?マジックじゃないの?

もしかして・・・・・・・・・・・、


タトゥー?????



ほくろみたいに3つ・・・・・。



えええええーーーーーーー!!!



わたし、初めてのタトゥーです。



怖いなぁ。



ブラジルって恐ろしい・・・・・。

放射線はまだ、先だけど・・・・。

日本はマジックですよね…。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
<< 前のページ // ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。