ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線治が終わって、1週間後抗がん剤治療が始まりました。

点滴のものと飲み薬。

点滴の副作用は髪の毛が抜ける程度で具合は悪くならなかったのですが

飲み薬を14日間6粒毎日飲まなくてはいけなくて、その薬がつらかったです。

飲み始めて5日後ぐらいから副作用でげりと熱が出ました。

下痢止めを飲んでもとまらない・・・。熱は薬で下げることはできましたが

こんな治療を続けていたらがんより他の病気になってしまうと思ったので

飲む抗がん剤はやめました。

それからは治療なしの生活になりました。

その1ヵ月後ぐらいから頭に埋め込んだドレーンの部分が痛み出しました。


年末、年始それに苦しみました。はじめは肝臓が痛いのかと思いましたが、
ドレーンの痛みだったようです。
その後、耳の後ろから(ちょうどドレーンの入っているところ)
が焼けたかんじになって化膿しました。

そこから髄液が出てきました。
で急遽1月に入院。

うみを出してもらったら少し痛みが消えました。
2日後ドレーンを取る手術。
すぐおわりました。10分もかかっていない。手術室で待った時間は30分。

その後の経過がよく10日で退院。
その後は調子がよかったです。

リハビリをしたかったのですが、風邪を引いたり、頭の痛いところが出てきたりで
3月になってもまともに歩けません。

がんより頭の治療のほうが大変です。
癌のことはすっかり忘れていました。

日本に行ったらしっかり治療をしていきたいです。
言葉が通じるし・・・・。

結局日本にいくまでどこも出かけられなかった・・・・。


スポンサーサイト
<< 引っ越しします。 // ホーム // 放射線治療 >>
”葬られた「第二のマクガバン報告」”という本がおすすめです。
健康に関する本は何百冊も読みましたが、これが最も参考になる本です。
この本は多言語に翻訳されていて世界中で読まれています。
楽天やAmazonなどでも買うことが出来ますが、
迷った場合は図書館でリクエストすれば借りられます。
上・中・下とありますが、上巻だけでもどのような食生活をおくるべきか十分わかります。
ぜひ一度読んでみてください。
[2015/03/26 Thu] URL // TCS #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://momotan313.blog.fc2.com/tb.php/61-4a0b35d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。