ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう、4月2日が来ました。
この日から子どもは1日保育へ…。

前日までに入院の用意…。

入院と言われても、病院側から持ち物表などをもらうわけではなく最低限なにを持っていいのかもわからない・・。何日間入院かもわからない・・・・。

いろいろインターネットで調べて用意しました。

でも、使った物は・・・・・。

携帯電話
パーカー
退院用の服
ひざかけ

ぐらい・・・・・。

本当にこれだけです。
すごくはりきって、お茶とか、コップとかタオルとか持っていったのですが
なにも!使いませんでした。

18時に手術なので3時間前に来て下さいと言われたので、15時に受け付けへ…。

そこで、サインとか注意事項を聞く・・・。
・女性の部屋なので、男性の方は付添できません。
・付添の方の食事はどうしますか?

ぐらいです。
入院の人は食事が出ますが、付添の人の食事は出ません。
でも、頼んでおくと(100へアイス前払い)出してくれます。
これはありがたいですよね。買いに行かなくてもいい。
使わなかった分のお金は戻ってきます。

食事にはブラジル食と日本食があるんですよ!!!
おみそ汁も飲めるんです!!

でも、私は手術前なので食事はできません。(6時間前から)

で、受け付けが終わって、部屋へ案内してもらいました。
付添のTさんと一緒に行きました。


病院の部屋は日本のような感じでなく
私の大部屋[3人部屋]は、(写真がなくてすみません)
テレビがみんなで見るのが一つ、
クーラー
シャワートイレ(シャワーは水)
ベッドが3つ(3人部屋なので)
付添人用のいす(付添の人は椅子に座って一晩を過ごします)

ベッドとベッドの間にカーテンはありません。

そんな感じです。

看護婦さんが体温と血圧を測りに来て、ふくを持ってきました。
(手術の時に着る服)

で・・・・・・、その後何もなし。

付添のTさんとその後2時間半のおしゃべり。

これから手術?という雰囲気でなく、緊張感なし。

くだらない話、思い出話、日本の話など・・。そんな感じで時間が過ぎて行きました。

17時半ぐらいに、他の入院する人が来たぐらい・・・。婦人科ではなく、ほかの病気で手術。

で、その人の方が早く、手術に向かっていった・・・。
手術前に浣腸をするのかとか、何をするのか誰に聞いてもまったくわからない・・・・。

不安というより、未知の世界へ・・・・という感じだった。


まだか、まだかと待ちつつ、18時過ぎにやっと呼ばれて行きました。

おしりに注射を打たれ、手術室へ…。

いろいろな音がして、ほかの場所で手術もしてて、あわただしい感じ・・・。

気持ちの整理とかそんな感じでなく、周りの様子が気になって仕方がない・・・。

手術前に、日本語がわかる看護婦さんがいたので日本語でやさしく話しかけてくれたのですごくうれしかった。

で、手術が始まっていきました。

腫瘍の結果はやっぱりがんでした。
左胸全部摘出、リンパも取りました。
がんは大きいのと他2つ小さいのがありました。

旦那と旦那のお母さんがガンについての話を担当の人から聞いたそうです。
旦那大泣きしたそうです。説明する担当の人はきちんと話してくれたそうです。


手術後部屋に戻ってきて、旦那に「どうだったの?」と聞きました。

そしたら、「がんだったよ。リンパも転移してとった。全部とったからだいじょうぶ」

あーやっぱり・・・・。と頭の中で思いました。

そのあと、リンパにどのくらい転移したんだろうとか、

他に転移してるのかな?とか、

転移していたら寿命どのくらいかなとか、

・・・、そのすごく先の事とか考えていました。

(今思えば、なんでそんなこと考えていたんだろう・・・。)

手術後は眠たくて、眠たくて…。


子どもがいなくて、一人で寝ることができるのが少し、うれしかったです。

夜中じゅう、付添のTさんは、かけ毛布からつま先が出てしまう私の足を何度もなおしてくれました。
ははは・・・・・、すみません。

胸は麻酔が効いているから変な感じ。でも、帝王切開の時よりは動けるので平気でした。

くしゃみしてもどこも痛くないので…。

次の日、普通に朝食。パンとコーヒー。Tさんと一緒に食べる。

Tさんは、ベッドをおこしたり、たおしたり、食事を運んだり・・・・。

トイレも自分で行けました。友人のRさんもきて、おしゃべり。術後とは思えない感じの明るさ・・。

でも、眠たくて寝ちゃった…。

夕方4時ごろ手術をしたA先生がきて、傷口を見に来ました。

それまで、何回か看護婦さんが来て、体温、血圧、薬をのむぐらいでした。


旦那もきて、A先生は「あしたから自分で(旦那が)ガーゼ取り替えてください」って・・・。

えっ?それだけ?

っていうことで診察後、退院・・・・・。あしたまたA先生のところに行くだけ・・。

っていうか、ドレーンがつながっているのに。一応ドレーンのつかいかた?を聞いたけど・・。

で、なんと、1泊2日の入院でした。(普通に歩けるし、腕も無理やりあげさせられたので少し動く)

ドレーンをぶら下げて、家に帰りました。

結局、また子どもと寝る・・・・。一人で寝れたのはあの1日だけ。

でも、ドレーンがつながっていて、ひっ掛ったら危険ということで、

同じ部屋だけどはなれて寝ました。

帝王切開の時もそうだったけど、入院期間短すぎですよね。

でも、何もすることないかぁ。

この日は、ドレーンがつながっているのがこわくて、なかなか寝られませんでした。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
<< 手術後① // ホーム // 発覚から検査まで >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://momotan313.blog.fc2.com/tb.php/6-e9b618e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。