ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマゾニア病院は日系の病院なので食事がブラジル食と日本食が選べます。

入院したときは吐き気がひどくて食べ物は果物ぐらいでそのほかは食べられませんでした。

手術後は10日間お茶、水、やしのみジュースでした。そのあとはスープです。

日本だったらそのあとおかゆ五分がゆとかですよね。でも、そのあと突然のブラジル食・・・。

ちょうどお見舞いに来ていたAさんが即、調理室に電話・・・・・。

次からおかゆ、うどんやそうめんなど日本食が出てきました。

だいぶ食べられたころ、普通のご飯にしてもらいました。その間にもいろいろ差し入れをしてくれたのでおいしいものが食べられました。

頭の手術が長引いたので水を飲むのも飲ませてもらったりと手厚い看護を受けた入院生活でした。

ブラジルの入院は付き添いがいないと無理ですね・・・・。(自分で動けたらいいですけど・・・)

入院中は本当にお世話になりました。

この後も、病人生活は続くのでした。。。、
スポンサーサイト
<< 退院後 // ホーム // 入院生活⑤ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://momotan313.blog.fc2.com/tb.php/58-84407eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。