ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線の先生からメッセージが来て12月2日に放射線科に行ってきました。

15時から診察を開始します。と言っていたので、30分前に到着。

受付番号は5番目・・・。そこで抗がん剤治療時の仲間とあっておしゃべり・・。

放射線のことをいろいろ聞きました。

15時になっても先生が来ない・・・。

「いつも16時ごろ来るのよねぇ…・。」って・・・。

じゃぁ、16時からの診察って言えばいいのに!!!

で、15時40分に先生が到着。それから診察です・・・。

どんな内容かわからないまま、診察室に入り、

また、ガンの内容を一から話し始めました。

もう、病院が違うし、先生も違うから話すのが面倒です。

で、違う部屋に連れて行かれ、放射線の印をつけます・・・・・。

すごく寒い部屋で手を上にあげて・・・・、30分位かかりました。

てもしびれてきて疲れました。

そして、いよいよ・・・・・!!!

インクをたらして、針で何回もさします。

手術の傷口あたりは感覚が鈍くてあまり痛くありませんでしたが、

鎖骨の下あたりは痛かったです!!!

で3か所のほくろみたいなタトゥーが完成!!!

まぁ、おもったより痛くありませんでした。

で、いつから放射線治療なんだろう・・・。

「また、連絡します」で終わりました。

「また」っていつ?

きのう、CTの検査でした。造影剤を入れるのに・・・・。

失敗しました。しかもすごい出血…。

検査の人は終わった時に「2つのプレゼントだよ!」といって、

シールをはってくれました。
12,5, (77)

ブラジル人らしいポジティブな言葉ですよね…。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
<< 放射線開始! // ホーム // 首の検査② >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://momotan313.blog.fc2.com/tb.php/44-41f42504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。