ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手術をして、退院してから家の事が出来ないので料理も作れない・・・。

家は旦那の両親と同居だが、食事は別々…。

ブラジル人の夕食はパンとコーヒー・・・。

そこで、日本人妻の友人や、日系の方など毎日のように

昼食を持ってきてくれたり、夕食を作りに来てくれたり・・・。

手術後1カ月間はそんな感じでみんなにお世話になりました。

本当にうれしかったです。

左のリンパを取ったので、左手、うではけがをしてはいけないと言われました。

ひやけも・・・。

だから、今でも料理がちょっと怖いです。

私、料理が下手なので…。


術後13日目(4月15日)に病理結果がきました。それを持ってA先生のところに行くと、

「もっと詳しい検査が必要だから」といわれ、また癌の細胞を別の検査場へ…。

なぜ、いっぺんにしないんだ?と思い、検査場に連絡…。

術後22日目(4月23日)に抜糸。

この時も、看護婦さんがいるわけでなくA先生とアシスタントの旦那が対応。

先生も手術の時間が迫っていて、急いで抜糸。ものすごい速さというよりは適当!?です。

で、3本ぐらいとり忘れがありました。全然痛くなかったです。早すぎて!?
(この3本は後日救急センターのところでとることになります。)

そして、2回目の病理結果が来て、A先生ががん専門の先生を紹介してくれました。

今後はそのガンの専門の先生(R先生)が担当になります。

いろいろ担当が分かれているんですね。

術後27日(4月29日)にがん専門の先生のところへ初受診。

癌細胞の結果や、検査をもとに今後の治療計画を伝えられました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
<< カトリックのお祭り // ホーム // 手術後に食べてはいけない物 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://momotan313.blog.fc2.com/tb.php/12-3b553884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。