ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも病院へ行って思うこと。


病院に通う人で付き添人がいることが多い。

お年寄りは当たり前、若い人でも、親か、友人、恋人・・・などなど

付き添う人が多いです。

私はポルトガル語に自信がないので、だいたい旦那に付き添ってもらいます。

救急センターで点滴をしていると、何度も「いたい!いたい!」という声が聞こえます。

そのような場面は何回も聞きます。

旦那もそうですが、今でも点滴をするとすごく具合が悪くなるそうです・・。

今、抗がん剤の点滴中ですが、その時に一緒にする

仲間も毎回泣いたり、「いたい」と言ったりします。

なんか、子どもみたいでかわいく見えてきます。

私は看護婦さんに、「いつもあなたは強いわねぇ」と言われます。

そんなに痛くないと思うんだけど…。

ブラジル人は感情をすごく出します。

愛情表現はすごいから…。だから、痛いのも我慢できない!んですね。

私も今度、感情を出してみようかな…。



スポンサーサイト
<< 手術後に食べてはいけない物 // ホーム // 手術後② >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://momotan313.blog.fc2.com/tb.php/10-6989d36c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。