ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退院したのは10月31日。

退院してうれしかったのはおもいきり足を伸ばして寝られること。ベッドが小さかった。

そして、いつまででも寝られること。

入院中は夜の12時、朝の6時前とか薬、点滴、血圧・・・。

朝や夜以外でも掃除の人シーツを取替えに来る人、食事を届ける人、食事を取りに来る人

10時と3時にジュースを届けに来る人、水を取替えに来る人(飲み水)が毎日来ます。

そのたびにドアをバンバン!!おもいきり開けたり、閉めたりします。

そのほかに、担当の先生、リハビリの先生、問診の先生が突然きます。様子を見に日系の先生。

シャワーに入ったら先生が来た!とか、1日の時間調整が大変でした。

退院しても、ぜんぜん歩けず、寝る部屋に食事を運んでもらったりして、入院生活とまったく同じでした。

しばらく歩いていないと足の裏まで筋肉が衰えているんだ・・・・と実感。

歩くたびに足の裏が痛かったです。

で、退院して1週間後頭の放射線治療に行くのでした。



スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。