ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線治療は退院してから5日後ぐらいにはじめました。

退院して病院に外出するとき、入院前までふつうに歩けたのに

首の筋肉がないのか、足の筋肉もないのか途中で具合が悪くなりました。

その後からは、必ず車椅子を借りています。

放射線治療は私立のきれいなところで、先生も看護師さんもみんな優しいです。

機会も新しくて公立の治療施設と大違い・・・・。
放射線

前回はどうしてここでできなかったんだろうと不安が残りました。

全10回の予定でした。でも、他の先生は7回がいいのではといっていました。

でも、10回になりました。

7回までは特に痛くなかったのですが、そのあとはだんだん頭が痛くなってきました。

そして、10回終わったころにはまた寝込んでしまうのでした・・・・・。

頭の放射線治療は考えたほうがいいですね。

その後が本当につらかった・・・。
スポンサーサイト
退院したのは10月31日。

退院してうれしかったのはおもいきり足を伸ばして寝られること。ベッドが小さかった。

そして、いつまででも寝られること。

入院中は夜の12時、朝の6時前とか薬、点滴、血圧・・・。

朝や夜以外でも掃除の人シーツを取替えに来る人、食事を届ける人、食事を取りに来る人

10時と3時にジュースを届けに来る人、水を取替えに来る人(飲み水)が毎日来ます。

そのたびにドアをバンバン!!おもいきり開けたり、閉めたりします。

そのほかに、担当の先生、リハビリの先生、問診の先生が突然きます。様子を見に日系の先生。

シャワーに入ったら先生が来た!とか、1日の時間調整が大変でした。

退院しても、ぜんぜん歩けず、寝る部屋に食事を運んでもらったりして、入院生活とまったく同じでした。

しばらく歩いていないと足の裏まで筋肉が衰えているんだ・・・・と実感。

歩くたびに足の裏が痛かったです。

で、退院して1週間後頭の放射線治療に行くのでした。



アマゾニア病院は日系の病院なので食事がブラジル食と日本食が選べます。

入院したときは吐き気がひどくて食べ物は果物ぐらいでそのほかは食べられませんでした。

手術後は10日間お茶、水、やしのみジュースでした。そのあとはスープです。

日本だったらそのあとおかゆ五分がゆとかですよね。でも、そのあと突然のブラジル食・・・。

ちょうどお見舞いに来ていたAさんが即、調理室に電話・・・・・。

次からおかゆ、うどんやそうめんなど日本食が出てきました。

だいぶ食べられたころ、普通のご飯にしてもらいました。その間にもいろいろ差し入れをしてくれたのでおいしいものが食べられました。

頭の手術が長引いたので水を飲むのも飲ませてもらったりと手厚い看護を受けた入院生活でした。

ブラジルの入院は付き添いがいないと無理ですね・・・・。(自分で動けたらいいですけど・・・)

入院中は本当にお世話になりました。

この後も、病人生活は続くのでした。。。、
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。