ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
で、次に髄液を止める方法として

もう一回傷口を開いて脳のフイルムを接着剤のようなものでくっつけるということでした。

もう一度手術かぁ。とがっかりしてもしょうがない。

それでなおるなら・・・。

ちょうどシリオの時期でマリアさんにお祈りしました。

手術は2時間半で終わりました。

以前の手術よりは体調はよく手術後、おかゆも食べられたし、

一人でトイレも行けました。傷口は痛いけど。

ちょうど頭の後ろ、首までなので普通に寝てると痛かったです。

その日の夜、「あれ?」と首から髄液漏れ・・・・・・。

手術失敗・・・・・。このときは付き添いのRちゃん、チアゴとがっかりしました。

次の日先生が来て失敗したことを知り、先生もがっかり。

去年まで抗がん剤を受けて体が弱っているからと何回もいっていました。

もうどうしたらいいのかわからず、ボーっと何も考えられませんでした。

がんの先生には、早く抗がん剤や頭の放射線をしなきゃいけないのに何してるの!

といわれるし・・・・。

私も早く退院したいよ!!!!

で、次は頭に穴を開け袋をつけ10日間自然にフイルムが浮くのを待つ。



頭の中に管を入れるか・・・。(あかちゃんの水痘症のような感じ)

10日間治療して治らなかったら管を入れるといったので、

早く治したいから、はじめから管を入れるほうにしました。

それもまた手術・・・。頭からおなかにかけて管を入れます。3時間ぐらい・・・・。

もう3回目・・・。さすがに怖くなっちゃって、前の日チアゴの前で泣いてしまいました。

チアゴは私が入院してから毎日ないていました。

でも、いろいろ心が強くなったようで、逆に励まされました。

初めて励まされたかも。いつも私は「大丈夫」といっていたからかな?

で安心して?!手術を受けました。

で、手術は無事終わりました。頭にコルセットみたいのを巻いていてびっくりしました。

でも、もう髄液漏れはなくなり一安心ですが、そのあと、おなかにまで通っている管が原因なのか

しばらくおなかがいたいのが続きました。今も時々痛いです。

原因がわかりません・・・・。

術後も安定して、早く退院したかったので入院して1ヵ月半の10月31日にやっと退院しました。

長い入院生活でした。そして、24時間付き添いをしてくださった友人、チアゴに感謝します。

退院してきた夜、チアゴとイアンと3人で寝られることがすごく幸せでした。

このうれしさは絶対忘れないです。

次回は入院の食事について・・・・・。
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。