ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の頭の腫瘍は右のうしろのしたのほうにありました。

手術の傷はあたまの後ろの真ん中を15センチぐらいでした。

その傷口の下のほうから、点滴を入れた分ぐらいの量が出てきました。

少しの間は止まるけどすぐガーゼに染み出してきてずっとぬれていて肌がかゆくなりました。

脳の先生は背中にカテーテルを入れて髄液を取りましょう。

といって次の日、カテーテルを入れました。

カテーテルは細く、入れるときは背中に麻酔を入れたけどそんなに痛くなかったです。

先生に大丈夫?歩ける?と聞いたら、ご飯もトイレもシャワーもリハビリも大丈夫だよといわれたので

安心しているとカテーテルを入れて4時間後ぐらいから頭に激痛がはしり、めまい吐き気がして

前より動けなくなりました。で、トイレには何とか行けてシャワーはできませんでした。

薬を飲んでも聞かず、カテーテルを抜く3日間激痛に苦しみました。

お医者さんの話と違う!!!!!

とまた、怒りがこみ上げるのでした。
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。