ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICUから出て次の日、おしっこの管は抜きましょうといわれその日から起き上がりました。

起き上がることができてよかったです。頭はふらふらしているけど、トイレには行けました。

でも、一人ではいけないので付き添ってもらいました。

ここから退院まで毎日24時間、チアゴと友人の付き添いが始まりました。

みんなよくしてくれて本当に感謝です!!!

水が飲みたいときに飲めるし、話もできる。

寝たきりだったので床ずれはしてるし・・・・。

便秘で痔になるし・・・・。

で、困ったのが薬です。

すごく強いし、具合が悪くなる薬があるし、やめたはずの薬がきたり、しかも左手は打ったらだめなのに

打とうとしたり、薬のたびにチアゴに確認したり、電話したり。

手術ご5日後ぐらいになて、座って食べることができて、すごくよくなってきたと思ったら

骨髄の髄液もれというものを起こしました。

スポンサーサイト
手術が無事終わり、そのままICUへ。

ブラジルではUTI(ウ・テ・イ)といいます。

「momoe」といわれ目を開けたら先生の顔が見えました。

「あー生きてた!」とほっとしました。でも、目は焦点があいません。ぼやけているだけです。

指先が少し動かせるぐらいでまったく動けません。

ICUはすごくにぎやかでした。

アルコールのにおいとおしゃべりの声、明るい電気などなど・・・。

3日目からやっと涙を拭いたり、水ほしいといえるようになりました。

ご飯は食べられなかったので鼻から栄養剤を入れました。

一番びっくりしたのはICUにはいって次の日、シャワー浴びます!といって

ねたままお湯やシャンプーをかけられたこと・・・・。

お湯だけど、ICUはクーラーががんがん!

もう、寒くて寒くて・・・・。

毎日シャワーがいやでした。でも、薬のせいで汗かくし清潔にしなきゃいけないし・・・。

口はガーゼでふいてくれました。

結局6日間いました。ずっと寝たままでした。目の焦点も合いませんでした。

でも、ストローで水が飲めるようになったので普通の病室にいくことができました。

まぁ、本当ににぎやかなICUでした。

水とかほしくてもちょっと話しかけにくく、みんな忙しくて、管がたくさんついてるし・・・・。

本当にICUって大変ですね。

病室に行ったときにはすごく安心しました。

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。