ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと、10回目が終わりました。

この日は、ちょっと遅れて到着。いつも13時半の予定でしたが14時過ぎにつきました。

そしたら、いつも受ける場所が混んでいて、子どもの部屋へ…。

子ども用の部屋もあります。でも、この日は子どもはいません。

そこで、ゆっくり点滴…。すると・・・。

「パラベンス・パラ・ボッセ・・・」(誕生日の歌です)

と聞こえてきました。患者さんの誕生日らしいです。で、ケーキとジュースがみんなに配られました。

眠たかったけど、「おめでとう!!!」と言いながら食べて、また寝ちゃいました。

起きたら、もう、みんないなかった・・・・。

私だけいつも遅いので、みんな先に帰ってしまします。

あと2回でさいごなのに・・・・、もっと話したいけど、眠たい・・・。

さいごの時にわたすプレゼントを用意しているけど、みんなにあげられるかな?

点滴を受ける前にあげよう。

今回は、かなり顔がむくんでいました。

2日後、診察があったので病院へ行くと、先生に「顔がむくんでいるわね」

といわれ、アレルギーの薬を飲まないほうがいいかもと言われました。

いまさら?ですけど・・・。あと2回で終わりだよ!

まぁ、飲まないほうが調子がいいので、飲むのやめました。

でも、手足のしびれはひどくなりました。

味覚もへんです。

早く治っておいしいものが食べたいです!!

来週はいよいよ放射線科に行きます!

どんな治療ですかね。

場所は家から歩いて20分のところなのでよかったです。

今度はどんな病院なのか…。

一つの病院で受けられたら楽なのにと思うけど、

違う病院に行くのも気分転換でいいかぁと前向きに考えます!!

どんな先生かな?

子ども用の抗がん剤の部屋です。
qw.jpg


時々子どもの患者さんとあうけど、心が痛みます。
子どももがんばっているから私もがんばんなきゃと思い知らされます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。