ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回目の抗がん剤は21日後の6月13日でした。

その2日前に血液検査をします。それで、白血球がOKだったら受けることができます。

その前日、血液検査を持って、R先生のところへ・・・。

1回目の抗がん剤を受けた後の様子や、体の異変などについていろいろ問診と、

両方の胸や、首のリンパなどいろいろなところを触って確認しました。

特に異常はなく、次の日の抗がん剤が決定しました。

6月13日

クリニックの場所が移動していて新しいところになっていました。

すべてが新しくてきれいです。
gan2 (6)

新しいにおいが・・・。
gan2 (7)

で、21日ぶりの人たちにあいました。

同じ乳がんで、私の2つ上の人がいました。すごく明るくてげんきなPさん。

私がみんなに、髪の毛をそったんですと話すと、私も!と言って見せてくれました。

Pさんは、家族全員、剃ったそうです。

だんなさん、お母さん、こどもも(男の子)。

すごいですね!!!びっくりしました。

そこで、私のカツラが登場!

みんな驚いていました。「すごい!!!」

といってみんなでまわして、つけて、写真撮影・・・・。

「日本ってすごいわね!」と感心していました。

で、今回が最後の人がいて、みんなにケーキを持ってきてくれました。

会えないのはさみしいけど、治療が終わることはいいことだし・・。

私も、最後の時が来るのかな???と思いました。まだ2回目…。

気長に頑張ろう。

このクリニックの場所はデパートの近くで

この日は、抗がん剤の後、デパートに行って、散歩しました。旦那とデートです。

ははは・・・。

そして、家に帰って、前回の事がないように、吐き気止めを飲んで、夕ご飯を食べて寝ました。

少し具合が悪くなって起きたけど、はくことはありませんでした。

8時間おきにきちんと吐き気止めを飲み、快適に過ごしました。

においは相変わらずだけですが…。

この日に向けて、まえもって大根や好きなものを保存していたので食べ物も大丈夫でした。

でも、その3日後に、クックパット隊がきて、ご飯を作って行ってくれました。
gan2 (4)

何回も来てくれました。
gan2 (3)

たすかります!!!
gan2 (2)

6月のおわりごろから、ちょこちょことお出かけをし始めました。
いつものカツラで・・・。
gan2 (5)

私は学校も休むことができたし、子どもも幼稚園だし、料理も作りに来てくれるので

本当に幸せ者だと思いました。

がんばってなおそうと思って運動したらちょっと具合が悪くなりました。


ここのクリニックはすごく清潔にしていて、ソファも気持ちがいいです。
gan2 (1)

このソファの上に白いシーツをおきます。
gan2 (8)
看護師さんです。みんな終わって帰って、私だけ居残りです…。ははは・・・。

次の人が座るときにまた、取り替えます。手袋も毎回はきかえます。

ブラジルは日本よりバイ菌がうようよしていますからね…。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
1回目の抗がん剤を受ける前に

なんとなく、小さい虫歯を発見。でも、検査に忙しくて歯医者に行けませんでした。

小さいからちゃんと磨けば大丈夫と思ったのが甘かったです…。

1回目の抗がん剤が始まって2週間半が過ぎたところ…。

あれ?ちょっと虫歯が大きくなってる?(神経ありの歯)

とその次の日、違う歯で、かぶせていた物がとれました。(神経なしの歯)

2回目の抗がん剤が始まる前に歯医者へ行きました。


麻酔を使わなければ、なおすことができるとインターネットにのっていたからです。

で、先生にその虫歯のレントゲンを撮ってもらいました。

「うーん、これは深いね。神経を取らなきゃだめですね。」

ということは麻酔を使う、血が出る。ということです。

つめた物がとれたところは「これは抜かなくては駄目ですね」

がーーーーん。治療できない!!!

先生は「とりあえず、今の事をガンの先生に聞いてどうするのか判断してもらいなさい」

とのことでした。

「でも、これは痛くなるまでに3カ月はかかりますよ」といわれました。

その後、ガン科のR先生に聞くと・・・・。

「治療は駄目です。痛み止めをかって飲んでください」と・・・・・。

「抗がん剤が終わって3週間たったらいいです。」と・・・・。

抗がん剤を打つ前になおしておけばよかった…と後悔しました。


で、先生が言った3ヶ月後ではなく1ヵ月半後ぐらいから痛くなり始め、

それから1カ月間、毎日痛み止めを飲む日が続きました。

痛み止めを常に持って歩かないとだめでした。いつ痛くなるかわからないからです・・。

一応8時間後に飲んでいました。

そして、次第に痛みがなくなり………。気付いたら歯が欠けていきました。


現在(虫歯発見から7ヶ月後)その歯は、欠けてかけて・・・・、半分になりました。

もうこの歯は使えない。さし歯?になるのかなぁ…。

早く抗がん剤が終わって、歯医者に行きたい!!!!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。