ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ、乳がんになったのか自分でも信じられないです。

乳がんのリスクとして、高齢出産と書いてあったので

これがそうなのかも…。と思ったけど、リスクにあてはまらない人もいれば、

リスクにあてはまる人がいてもガンになるとは限らない・・。

はじめは、「なぜ?」と思っていていろいろ調べたけど、

調べてもきりがないということであきらめました。

パンとコーヒーで乳がんになるというのもありましたが、

それならブラジル人はみんな乳がんになる!!!!

だって、毎朝、パンとコーヒーなんですよ。
IMG_3436.jpg

私はガンとわかってから、週に半分はごはん、半分は玄米パンにかえました。
(気持ち、そっちの方が健康なような気がして・・・・。)
でも、時々、パンが余ると普通のパンも食べますけど…。
IMG_3311.jpg

ブラジルではパンとコーヒーは生活に欠かせないですね。

そして、病院での検査ではいつも、「身内にガンの方がいますか」と聞かれます。

私は母方の祖母が80歳の時乳がんになりました。現在93歳元気です!!!

去年2012年に父の膀胱がんが発覚!骨、リンパ、肺に転移し、末期がんです。

今も治療中ですが、元気です。私の乳がんとは関係なさそうです。

ガンとわかった時旦那が私のことを「かわいそう、かわいそう、ブラジルに来たからガンになったのかな?」

「日本に住んでいたらガンにならなかったのかな?」とぐちぐち言います。

私は過去は過去のことで今、あの時に・・・とか、あの時こうすれば…というのはあまり好きじゃありません。

時々考えることはあっても、人にはあまり言いません。

だから、旦那に、いつも「もう、過去の事は言わないで、今からの事を考えよう!」と言います。

ブラジルに来たから、子どもがうまれたのかもしれない。

日本に住んでいたら、仕事が忙しくて子どもがうめなかったかも。

だから、ブラジルに来たから、がんになったわけではないと思います。


ブラジルに来てから新しい出会いがたくさんありました。

旦那も仕事がきちんとあるし、子どもも生まれてすごく幸せだと思います。

ガンになっても、助けてくれるなかま、親戚、日系の方がいるし、

保険に入っているので、医療費もあまりかかりません。

すごくラッキーだと思っています。あとは、これからの生活、食生活を見直して、

大事に生きるしかないと思います。

病気になって、今、生きていることが幸せなことに気づかされました。

突然の事故でなくなるより、ある程度覚悟しておくほうが私はいいとおもいました。

私の抗がん剤が始まる前に、同じベレンに住んでいるガン治療をしている方がなくなりました。

最期はみんなに囲まれてすごく穏やかな最期だったと聞きました。

そう感じるまではいろいろ大変かもしれません。

でも、私はそのことをきっかけに死に対する怖さが少し減ったと思います。

それまで、楽しく過ごしたいと思います。子どもの成長も見届けたいですし…。


乳がんになる前に、私は子宮に大きな筋腫がありました。(がん検診で気付いた)

握りこぶしぐらいの大きさです。でも、私は自覚症状がないから、ほったらかしにしていたのです。

産婦人科のクリニックから電話が来て「MRIの結果を持ってきてください!」といわれ、

しぶしぶ持っていった。(MRIまでは受けたけど面倒で病院に行かなかった・・)

そしたら、すごく怒られて、「この腫瘍は黒いからガンかもしれませんよ!」といわれました。

結局は違ったのですが、その時に「もう、私はガンだ・・・・」と病院で大泣きしました…。

家に帰っても一人で泣き、同僚に電話をして慰めてもらいました。

同僚は何回も「大丈夫!」と言ってくれました。

その後、手術をして無事終了して、仕事にもすぐ復帰できました。

そのことがあってか、今回はガンと言われても、あまり動揺せず、素直に受け止められました。
(前回の時たくさん泣いたから…)

でも、1回だけ泣きました。手術の抜糸をしに病院に行った時、

初めて受診した婦人科のK先生(日系のおばさん先生)に偶然会いました。

K先生も状況がわかっていたみたいで「大変だったね、大丈夫?これから頑張ろうね」
(日系の方なので日本語が話せます)

とやさしく声をかけられたときに泣くつもりはなかったんだけど、

涙が出てきてしまいました。それを見て旦那もびっくり!!(初めて泣いたんですから…)

少し泣いて収まりましたが、自分でもなんでかよくわからない・・・。

そんな時があるんですね。

これから長い治療が始まりますが、気長に仲良く付き合っていこうと思います。

なるべくならあまり長く付き合いたくないですが…、ははははは。

なぜ、病気になったのかは・・・、気にしない、気にしない。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。