ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも病院へ行って思うこと。


病院に通う人で付き添人がいることが多い。

お年寄りは当たり前、若い人でも、親か、友人、恋人・・・などなど

付き添う人が多いです。

私はポルトガル語に自信がないので、だいたい旦那に付き添ってもらいます。

救急センターで点滴をしていると、何度も「いたい!いたい!」という声が聞こえます。

そのような場面は何回も聞きます。

旦那もそうですが、今でも点滴をするとすごく具合が悪くなるそうです・・。

今、抗がん剤の点滴中ですが、その時に一緒にする

仲間も毎回泣いたり、「いたい」と言ったりします。

なんか、子どもみたいでかわいく見えてきます。

私は看護婦さんに、「いつもあなたは強いわねぇ」と言われます。

そんなに痛くないと思うんだけど…。

ブラジル人は感情をすごく出します。

愛情表現はすごいから…。だから、痛いのも我慢できない!んですね。

私も今度、感情を出してみようかな…。



スポンサーサイト
手術から3日目(退院から2日目)

また、ドレーンを連れて動く生活が始まります。

本当に不便です。寝る時もどこにおいていいのか定まらない。

この日から子どもと一緒に寝るので、

引っかからないか心配だし寝返りもできないから不便な感じがしました。

なぜ、子どもと一緒に寝るのかと言うと、

息子は卒乳してから、右手は指しゃぶり、

左手は私のわきをさわりながら寝るんです。(今でもです。現在2歳8カ月)

左はだめなので、右のわきを触ります。

この時点で卒わきをすればよかったんですが・・・・。


子どもが幼稚園に行ってから、時々リハビリ。でも、全然腕が上がらないし、

左わきのリンパを取ったのですごく変な感じ。(今でも。半年たったけど)

この腕上がるのか?と思ったけど、時間がたつにつれてよくなりました。

現在(6ヶ月後)は普通に動きます。わきを触られると変な感じですが・・。


お昼ごろ傷口の消毒。退院の日、薬局でガーゼや、消毒液、テープなどを買ってきました。
IMG_3395.jpg


結構高い!消毒液は安いけど、

ガーゼは4枚しか入っていないのに2へアイス。
取りかえるのに3つか4つは使います。

テープは10へアイス。安いのははがすときにすごく痛い!!!

ドレーンがつながっているところは絶対はがさないでと言われたのでつけっぱなし。
でも、テープが外れてくるのでテープを重ねてはっていく・・・・。


ドレーンはどんなものかと言うと・・・、

写真を撮ったはずなのですが、データーがどこかへ・・。
(半年も前の話なんで・・)

絵を描いてみました。
IMG_3396.jpg


丸い形で、中の液を抜くふたがあり、プラスチック製です。

で、中の液を抜く時は(毎日どのくらいの量が出ているか測ります)

くだを止めて、ふたを開けて、液を計量カップに移します。

で、移したら手で、ぎゅーっと抑えて、空気を出してふたをします。
バネが入っていて結構力を使います。

この日は180mlでました。すごい!!

家にある計量カップ1つしかなかったのに……。


この日も家でテレビを見て過ごしました。

次の日からは、だいぶ動けるので気になる家の掃除をしました。
(旦那だけの掃除ではきになる・・・・・・)

ドレーンをつけたままでも、食事に行ったり、買い物に行ったりしました。
(家にいてばかりではストレスが・・・)

術後
4日目は110ml
5日目は90ml
6日目は70ml
7日目は60mlこの日にまた診察に行きました。
でも、ドレーンはまだはずせず・・・・。
8日目 50ml
9日目 20ml この日にまた診察。ドレーンを抜きました。

4月2日に手術して、11日にドレーンが抜けました。

やった!!!さいごの方はドレーンの入れ物が壊れていたらしい。

ドレーンを抜く時は、先生がポルトガル語だからいつ抜くかよくわからない。
旦那がいきなり歌をうたいだし(気を紛らわせるため)それで、今抜いているんだと気付いた。

で、ドレーンの管が長かったらしく、旦那は歌を驚いた感じでうたうので、その歌い方がおかしくて・・・・・。

抜けた後、「すごくながかった!」と報告してくれた。

診察にはほぼ100パーセント旦那が付添します。(学校を休んで・・・。)

ドレーン抜きは、旦那の歌がおかしかったので、痛くなかったです。

ドレーンを抜くときや抜糸、傷口を見る診察など、看護婦さんはいません。
A先生の場合(ほかの婦人科の時はいますが)

だから、旦那がぜんぶ助手をします。

がーぜ! テープ!と先生が言って、旦那が手袋をはいて・・・・。

なんだか不思議な感じでした。
これも、ブラジルでしか味わえない経験ですね(笑)

ドレーン抜きの生活!!わーい!!!

でも、少しの間、「あれ?」とドレーンの事が気になる感じでした。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。