ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報が正しいかどうかわからないですが、載せちゃいます、すみません。


ブラジルの病院には

国が運営する病院(公立の病院 州、市、町が運営する病院)

個人で運営する病院(私立病院)

そのほかかどうかはわかりませんが、
公務員や、軍隊、消防所、警察などさまざま職業で働いている人が入る病院

とか、会社単位でOOの病院など・・・、と行く病院を選ぶことができます。


日本みたいに国民健康保険?を払ったらどこの病院でも、治療が受けられるという便利なシステムはありません。


ブラジルに永住した私は、どうするか迷いました。

公立の病院は、すべて無料です。診察、治療、入院、検査などなど・・・。

しかし、病院によって、町によってはすごく混むし、時間がかかる・・・・・。

救急なのに何時間も待たされる可能性ありです。
お医者さんに知り合いがいればいいかもしれません。
(出産のときや、今回のようなガンの時など)


旦那が公務員で学校の先生なので、そこの組合の病院があるのですが、
家から遠いのでやめました。

結局、お金は払うけど、家から近くて[歩いて5分]
ベレンで唯一の日系の病院の保険に入ることにしました。


永住して、しばらくは病気をしないだろうということで加入しなかったのですが、
4カ月が過ぎて風邪をこじらせて、下痢が続いたのでやっぱり入ろうということにしました。

年齢が高ければどんどん高くなるというシステムです。
旦那が以前にそこの病院の保険に入っていたので夫婦セットで少し割引。

入ったプランは、診察、検査、入院(大部屋)手術すべてこみこみプラン(名前は勝手に決めました)
入院のみのプランもありますが、入院はしないだろうと思ったので・・。


当時、35歳で月、200へアイスぐらいだったと思います。(高い!)

現在は39歳で、子ども(2歳)も一緒に入り、旦那(34歳)も入れて、全部で560へアイスかかります。
すごーく高いですよね。

でも、でも!!!

全部タダなんです。(薬は自分で買わなければなりませんが・・・・。)

病院の保険に入ってから、私、病院通いだったのですごく助かったんです。
加入してすぐ、風邪をひき、

2ヶ月後には帯状疱疹にかかり、

その2ヶ月後には妊娠したので・・。

保険に入ってから10カ月以内、出産の費用は適用なし。(でも、検査はOK)
保険に入ってから3カ月以内、アレルギーの検査など、いろいろ適用されないのがありました。

私は保険に入ってから5ヵ月後に妊娠が分かったので、ぎりぎりセーフ。
1回目のエコーの検査だけ、お金を支払いました。35へアイス。

で、妊娠中はずっとお世話になったし、出産もしたし、
そして、子どもが出産後、黄疸ですぐ入院したし・・・、

で、今回乳がんになったし・・・。

本当に加入していてよかったぁ。と思いました。
これからいろいろ病気のことをかきますが、
保険に入っていたことで、私が負担する治療費がゼロ!!なんです!
これは本当にうれしいことです。(病院側に負担がかかるだけですが・・・、すみません)


本当は
病気にならなくて、掛け捨ての保険のような気持ちで払うのが一番なんですがね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。