ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果が来たのですが、何を書いてあるのかまったくわからない…。

旦那に聞いてもわからない。(専門用語だからあたりまえか・・・)

で、結果を持って先生に行くと・・・。

「ちょっと悪い方のガンでしたね。」ぐらいで説明は終了。

がん専門の先生も、「ホルモン治療はききますね。抗がん剤治療をして再発を予防しましょう。」

詳しい説明はなし。と聞いても旦那の通訳なのでわからないです…。きっと。

その当時はまぁ、いいやという気持ちでそのまま治療に入ったのですが、

半年たった今、なんだか気になって調べてみた。

グーグルの翻訳で・・・。単語はわかるけど、文章になるとちょっとあやしい・・・。

1回目の検査結果

Câncer de mama invastivo 浸潤性乳管癌

Tumor ME BIRADS Ⅲ     ステージⅢ
Linfonodo sentinela positivo  センチネルリンパ +

ステージがⅢでリンパに転移があるっていうことですね。

その下にはどのくらいの大きさで、断面が・・・とかいろいろ文章で書いてあるけど
全部の訳がわからない。わかったものは・・、

えきかかくせいを0.5~2.5センチの35節を取った。
A-C腫瘍 D-E軽傷 F乳首 G腫瘍なし H-Sリンパ節  

うーん、意味がわからない。

grau histopatologico 3 病理組織学グレード3

grau nuclear 3 核階級 3

mitoses 3 有糸分裂 3

formação tubular 3   管状の形成 3

悪性度 最上!っていう感じでしょうか。

腫瘍の大きさ

1つ目 左下に 7.0×4.0×2.5㎝
2つ目 左上に 0.5×1.0
3つ目 右上に 0.5×1.0


かなり大きな腫瘍だったんですね・・・。

だって、気付いていたのに4カ月放置していたので・・。

えきかリンパ節に転移 (+2/35)

pT3 pN2a pMX

T3は 腫瘍が5センチ以上だそうです。

N2aは リンパ節に転移が認められる場合。

MXは まだ、転移しているかどうかわからないという意味だと思う。

そして最後に「転移を確認するために全身検査をしましょう。」と書いてありました。

2回目の病理診断は・・・。

Receptor de estrogeno Positivo fraco, 50% das céluias)

Receptor de progesterona Positivo fraco, 10% das céluias)

Produto do oncogene HER-2/neu Escore 0 90% das céluias

Ki-67, MIB-1 Positivo em 60 das céluias


エストロゲン受容体  (+) 弱い、50%細胞

プロゲステロン受容体 (+) 弱い、10%細胞

HER-2   スコア0 90%細胞

Ki-67 MIB-1  (+) 60%細胞


乳頭腺管癌か充実腺管癌か硬癌の分類は書いていなかったような気がします。

まとめると、

腫瘍が大きくて、リンパに転移があって、

グレードが3なので達の悪い物で増殖率も高い!?

でしょうか・・・。

一人ひとり結果は違いますが、それぞれにあった治療法があるのはいい事ですよね。


で、この後全身検査を受けて、抗がん剤の治療へと進むのでした・・。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。