ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の住んでいる町では、1年に一度カトリックの大きなお祭りがあります。

ナザレのシリオです。

ナザレはベレンにある大聖堂の名前です。(キリストの生まれた町の名前と同じです)

シリオとはろうそくの意味で、夜、みんなでろうそくを持ってマリア像を囲んで教会まで行進します。

昔、現在のナザレ教会の場所で、漁師が木彫りのマリア像を拾いました。

家に持って帰ると、次の日なくなっていたそうです。そして、落ちていたところに戻ると

マリア像があったそうです。そんなことを2回ぐらい繰り返して、

その見つけた場所に、小さなマリア像のほこらみたいのを作ったそうです。

その後、そのほこらはナザレ大聖堂になりました。

アマゾンで唯一の大聖堂です。[私はいつもナザレ教会と言っていますが本当は大聖堂です]

そこに、マリア像が飾られています。
(でも、本物は別の場所に厳重に保管されていて、私たちが見るものはコピーです)

このお祭りのときに、いつもは天井の方に飾られているマリア像が、下に降りてきて間近に見られます。

お祭りの前日、夜のシリオがあり、ナザレ教会からセ教会(ベレンで古い教会)までマリア像を運びます。

この時、みんなろうそくを持って歩くからすごくきれいです。

次の日、朝6時からセ教会からナザレ教会まで歩きます。
cirio2005 (13)


これがすごく暑いので大変です。で、これから願い事をする人、願い事がかなった人は綱を持って歩きます。

基本は裸足です。綱を持つ人は限られているので、持てない人は、その横を歩くだけ。
cirio2005 (6)


でも、歩くだけでも人が多くて大変です。

そして、願いがかなった人で根性がある人は、教会までの間、ひざで歩きます。
(周りの人は段ボールをしいたりして助けます)

ろうでつくった体の部分を持って歩く人もいます。足とか、頭とか…。

それは病気がよくなりますように、よくなりました。という願い、お礼の気持ちをこめて持って歩くそうです。

そして、教会に納めます。

ちょっと、今年はあの大勢の中には行けないので(抗がん剤治療中)

来年、治ったらおっぱいの形のろうを持って歩こうかなぁ。
ちょっと恥ずかしい!?

いえいえ、ブラジルでは全く恥ずかしくありません。

みんなオープンですから。

私はカトリックじゃないけど、なんか参加したくなりますね。

これはフィッタといって、ミサンガみたいなもです。
IMG_3343.jpg

手首や足首に巻いて、3回縛ります。縛るときに願い事を言います。

3つまでOKです。
IMG_3423.jpg

今年は家でゆっくり、シリオを楽しみます。

来年のシリオのレポートにご期待ください。(それまでには治療終わってるよねぇ)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
左乳房の摘出手術が終わり、退院した時

みんなが、みんな言うことがある。

「えび、豚肉は食べちゃだめよ!」

理由は傷口の治りが遅くなるからとのこと・・・・・。

まぁ、えびやカニなどの甲殻類は傷口が化のうしそうな感じがするけど、

豚肉って・・・・。

日本人はみんな食べてるんじゃないか!?

ベレンのスーパーではあまり豚肉が売っていません。。

肉屋さんに行けばあります。でも、みんながよく食べるのは牛、鶏です。

ベレンの人(ブラジル人)にとって豚のイメージが悪いようです・・・。

ソーセージは好きなようだけど…。


A先生に聞いたところ、「科学的根拠はないです。でも、みんなが言うならやめた方がいんじゃないですか?」

うーん。

まぁ、傷口がよくなるまで、我慢しようと思いました。

でも、現在(術後半年、抗がん剤治療中)でも豚肉、エビを食べないほうがいいと言ってくる・・・。

一体いつまで我慢すればいんだろう…。

はやくエビ食べたい!!!

豚肉の餃子が食べたい!!!

でも、ちょっとだけ食べました。

ベレンにはすごくおいしいエビがあるんですよ!!!

ピンクエビといいます。日本にも輸出しているそうです。
momo 086


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

いつも病院へ行って思うこと。


病院に通う人で付き添人がいることが多い。

お年寄りは当たり前、若い人でも、親か、友人、恋人・・・などなど

付き添う人が多いです。

私はポルトガル語に自信がないので、だいたい旦那に付き添ってもらいます。

救急センターで点滴をしていると、何度も「いたい!いたい!」という声が聞こえます。

そのような場面は何回も聞きます。

旦那もそうですが、今でも点滴をするとすごく具合が悪くなるそうです・・。

今、抗がん剤の点滴中ですが、その時に一緒にする

仲間も毎回泣いたり、「いたい」と言ったりします。

なんか、子どもみたいでかわいく見えてきます。

私は看護婦さんに、「いつもあなたは強いわねぇ」と言われます。

そんなに痛くないと思うんだけど…。

ブラジル人は感情をすごく出します。

愛情表現はすごいから…。だから、痛いのも我慢できない!んですね。

私も今度、感情を出してみようかな…。



// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。