ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、今までマンモグラフィーの検査を受けてこなかったんです。

ブラジルでは婦人科の受診はあたりまえ、みんな、定期的に受けているそうです。

だから、ブラジル人の人に、「何で受けてなかったの!」と怒られました。

子宮がん検診は1年に1回受けていたんですけどね・・。もともと、筋腫もあったので
半年には1回受診していました。

しこりがあるときづいたのはたぶん、できてから、4か月もたっところだと思います。

なぜ、発見が遅かったのかというと、子どもの卒乳の時期と重なったからです。

こどもが1歳10カ月になったころから、左の母乳の出が悪くなってきて右ばかりであげていました。

そして、左の胸が痛くなってきたので、卒乳しようと思ってやめました。

あっさり、卒乳できました。それから、母乳の手入れをしていましたが、どうも、左胸の塊がとれない。

インターネットで探すと、乳腺炎と書いてあったのでいつかは治るだろうと思いこんでいました。

痛いし…。でも、なかなかとれず・・・・。

3カ月放置…。そして、まだしこりが取れないし、痛くなってきたので子宮の検査とともに
婦人科を受診。

子宮はいつもの検査(がん検査、超音波で筋腫の様子を確認)
マンモグラフィと超音波検査

そして、その結果を持っていくと・・・
婦人科の先生は驚いて「あした予約横入りしてあげるから、乳腺科にいってください」って・・・。

それが2013年の3月13日、私の誕生日だったのよ…。ははは・・・。

で、次の日14日に横入りさせてもらいました。
この日は旦那がこれれなくて、日系の先生が付き添ってくれました。

乳腺科の先生は「うーん、これだけでは良性か悪性かわからないねぇ。大きいねぇ。」と言っているようでした。
(通訳してもらっています)
検査をするか、切ってから検査をするかという判断でした。

たぶん日本だったら、生体検査?をして、調べると思うけど・・。ガンが大きかったら抗がん剤を先に受けて手術をして摘出?かもしれないけど、私は、良性でも、悪性でも、はやく取りたい!という気持ちでいっぱいになりました。

旦那に報告した時、旦那は驚いていました。そうだよねぇ。私も驚いたよ。
母乳が詰まっていたとしか思いこんでいなかったんだから…。

と、なやんでいたら、友人がほかの先生を紹介してくれて、手術の検査の準備をしつつ診察を受けることになりました。

もう一人の先生は、良性か悪性かはっきりわかった上で、手術をした方がいいと言いました。
そして、シリコンなどを入れる準備、心構えを持ったほうがいい。とアドバイスを言われました。

親切な考え方でよかったのですが、その準備をしている時間がないと思いました。
良性か、悪性かの検査を受けている間、シリコンを選んでいる間など、どんどん手術の日が遅れちゃう!
と思ったんです。

ただでさえ、気付いているのに遅れちゃってたから・・。

さぁ、この日から、検査の嵐(日本みたいにスムーズに行かないんですよ)で、
職場に報告、やすむ代わりにほかの先生を探さなきゃいけない、
子どもはどうするのか・・・・。などとバタバタと忙しい生活が始まりました。

日本で治療しようかなとも考えたのですが、
手術が遅くなるし、
ここでは保険がきくし、
旦那の実家に住んでるし、
こっちの友人、日系の方々が見守ってくれるので

ベレンで治療しよう!と思いました。

この時点ではまだ、悪性なのかはわかっていないので、手術の日まで祈るのみ!!!でした。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。