ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線治療が終わってもうすぐ2カ月、やけどの跡は少し良くなったけどまだまだ大変なことになっています。

抗がん剤治療が終わってもうすぐ4カ月、指先のしびれは少なくなったけど、
まだ、足の指先がしびれています。いつになったら治るのかなぁ。

で、先週血液、レントゲン、腹部のエコー、マンモグラフィーの検査をして、先生のところに行ったら

あれ?って・・・・・・。何!?と思ったら、

血液の検査の項目が違っていたらしい・・・。

腫瘍マーカーのところが・・・・・。番号が違っていたらしい。

ということで、再検査…。あと2週間で日本なのに!?

この検査をするのに、病院で受け付けして、認証が下りて、それから検査、そして、結果をもらって、
違う先生のところへ・・・。と、日本では簡単だけど、ここでは時間がかかるんです・・・。

そして、CVポートの掃除は、日本にいる友達ができる場所を探してくれたので
安心して病院に行けます。

でも、CVポートの種類を教えてほしいと言われたので、

埋め込み手術をした先生にきかなきゃ。

CVポートを掃除している所に行っても「うーん、わかりません」だって。

「針の太さを知りたいのかな?」とか言っていましたけど・・・・。

国をまたぐといろいろ大変です・・・・。

スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。