ブラジルに永住して2013年3月に乳がんが発覚。当時39歳。現在40歳!ステージⅢ。1年後、肝臓、甲状腺に転移。
プロフィール

ももたん

Author:ももたん
ブラジルの北部にあるベレンという町に2009年に永住しました。そして、2013年3月に乳がんが発覚!ステージⅢ。1年後、脳、肝臓、甲状腺に転移。現在治療中。日本とはまったく違う文化のブラジルでの治療を紹介します。どんな治療法?どんな生活なのか、ゆる~く紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年(2013年)に始めた抗がん剤投与の

すぐ後に虫歯が見つかり放置していた歯を

やっと治療をしました。

もう、歯はかけて、折れて・・・・と歯が抜けていました。

今日はその歯の根の治療をして型を取って・・・、

さし歯にすることになりました。

抗がん剤を始めて1年後・・・・、こんなことになるなんて…。

抗がん剤を始める前に歯医者に行けばよかった…。

まぁ、でも、日本にいる間に完璧に直してもらえるのでよかった。

ブラジルじゃいくらかかるかわからないし…。

まだまだ、歯医者通いが続きます。
スポンサーサイト
1回目の抗がん剤を受ける前に

なんとなく、小さい虫歯を発見。でも、検査に忙しくて歯医者に行けませんでした。

小さいからちゃんと磨けば大丈夫と思ったのが甘かったです…。

1回目の抗がん剤が始まって2週間半が過ぎたところ…。

あれ?ちょっと虫歯が大きくなってる?(神経ありの歯)

とその次の日、違う歯で、かぶせていた物がとれました。(神経なしの歯)

2回目の抗がん剤が始まる前に歯医者へ行きました。


麻酔を使わなければ、なおすことができるとインターネットにのっていたからです。

で、先生にその虫歯のレントゲンを撮ってもらいました。

「うーん、これは深いね。神経を取らなきゃだめですね。」

ということは麻酔を使う、血が出る。ということです。

つめた物がとれたところは「これは抜かなくては駄目ですね」

がーーーーん。治療できない!!!

先生は「とりあえず、今の事をガンの先生に聞いてどうするのか判断してもらいなさい」

とのことでした。

「でも、これは痛くなるまでに3カ月はかかりますよ」といわれました。

その後、ガン科のR先生に聞くと・・・・。

「治療は駄目です。痛み止めをかって飲んでください」と・・・・・。

「抗がん剤が終わって3週間たったらいいです。」と・・・・。

抗がん剤を打つ前になおしておけばよかった…と後悔しました。


で、先生が言った3ヶ月後ではなく1ヵ月半後ぐらいから痛くなり始め、

それから1カ月間、毎日痛み止めを飲む日が続きました。

痛み止めを常に持って歩かないとだめでした。いつ痛くなるかわからないからです・・。

一応8時間後に飲んでいました。

そして、次第に痛みがなくなり………。気付いたら歯が欠けていきました。


現在(虫歯発見から7ヶ月後)その歯は、欠けてかけて・・・・、半分になりました。

もうこの歯は使えない。さし歯?になるのかなぁ…。

早く抗がん剤が終わって、歯医者に行きたい!!!!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。